初めての方

 

 

釣行に際して 風速予報を参考に、なるべく穏やかな日和を選んで計画してください。
風速7m(YBM Marine Weather)を超えると波飛沫を被り、10mを超えると釣りになりません。
NHKの天気予報で、東京湾内の風マークが黄色(波1.5m)以上の場日も同様です。
⇒風速予報 YBM Marine Weather *観音崎をみる
⇒現在の風速 東京湾海上交通センター気象情報
装 備 ★晴れていても上下セパレートの丈夫な雨具を持参ください。風が強まると波飛沫を被ります。
★濡れない靴を履いて下さい。底はスパイクかフェルトが理想です。スニーカーはNGです。防波堤上はノリ等で滑りやすくなっています。
★ライフジャケットは必ず装着してください(船内・防波堤上とも)。ない場合は貸出がありますのでお申し出ください。
★荷物はなるべく少なく、コンパクトにまとめてください。船の乗降時に片手が空くとより安全です。
夏は帽子・サングラス・日焼け止め・十分な水が必要です。冬はカイロ・暖かい飲み物等を持参ください。
ゴミの持ち帰り用にゴミ袋をご用意ください。
乗 船 中 乗船中もライフジャケットを着用していてください。
波やウネリなどで揺れますので、椅子に座って船内を動き回らないでください。
船内は禁煙です。
船の乗り降り 係員の支持に従って速やかに乗り降りしてください。
船と防波堤の隙間が広い場合には無理に乗ろうとせず、狭まるのを待ってください。
荷物はなるべく小さくまとめて、片手が空くようにしてください。
お年寄り・女性・お子様の乗り降り時はサポートしてあげてください。
乗降デッキは狭いので、立ち止まらず速やかに船内に移動してください。
防波堤にて 荷物はまとめてなるべく高いところに置いてください。流されることがあります。
防波堤上は狭いので荷物を広げすぎないよう願います。
防波堤上は滑りやすく、凸凹があるのでつまづいて転倒しないようにご注意願います。
ゴミは防波堤上や海に捨てずに必ず持ち帰ってゴミ箱に捨ててください。
海鳥の足などに絡まって傷つけることがありますので、ハリスや道糸なども捨ておかないでください。
防波堤の最低人数は2名です。移動や帰港などにより残る人が1人になることのないよう周りの方とご確認ください。お1人となってしまう場合には他堤へ移動していただくことになりますのでご了承ください。
片づけ お帰りの際は船が着いたらすぐに乗船できるよう、帰りの船が来る前に片付けを始めてください。
風などの影響で船が長く同じ位置に留まれないことがありますので、乗り遅れることのないようにお願いいたします。
ゴミは持ち帰って船着き場のゴミ箱に捨ててください。
皆さんに釣りを楽しんでいただく為に 食べない魚、小さい魚はリリースしてあげてください。
投げ竿はお1人3本までとさせていただいております。竿は防波堤上に直置きせず、竿立てを使用してください。
防波堤に寄っている魚(特にクロダイ)が散ってしまうので、堤防の端を歩いたり覗きこんだりするのはやめましょう。
コバ(防波堤の角)は好ポイントです。他の釣り人にも配慮し、長時間独り占めせずに、入れ替わりでお願いします。
防波堤では皆さん様々な釣りを楽しんでいます。他のスタイルの釣り人にも配慮し、トラブルのないよう願います。
コマセ釣りについて 野島防波堤でのコマセ釣りはアジや海タナゴなどを狙ってのアミコマセのみです。
クロダイ狙いの浮きフカセやダンゴ釣りでのコマセは禁止とさせていただいております。
投げ釣りの方へ 投げ竿はお1人3本までとさせていただいております。
ドックや赤灯など釣り場所が狭いところでは、釣り座は話し合いで決めてください。
クロダイのヘチ釣りが竿の前を通れるように、竿は立てておいてください。
船の接岸場所近辺で竿を出しているときは、船の接岸時には必ず全ての糸を巻いておいてください。
ルアーの方へ 朝一はクロダイが防波堤際に寄っていることが多いので、最初のヘチ狙いはクロダイ師に譲ってあげてください。
テクトロ(防波堤際に沿ってルアーを引き歩く)はご遠慮ください。
クロダイ釣りの方へ 防波堤際を狙う<落とし込み釣り>は魚が散らないよう繊細かつ慎重さが要求されますが、防波堤には他のスタイルの釣り人も渡船しています。それぞれお互いに相手の釣りを理解しあい、気持ちよく釣りを楽しみましょう。
お互いに声をかけましょう 近くで釣りをされている方同志はもちろん、すれ違うときなどもお互い挨拶していただき、他の釣り人の方とのコミュニケーションも心掛けてください。

 

 

夜釣りの注意点


半夜釣り開始(4月〜9月/土曜日限定)にともなって

☆ 乗船中及び防波堤では常時ライフジャケットは常時着用ください。
☆ 明るいうちに危険個所を把握しておいてください。
☆ 常に一緒にいるメンバーの動向を確認してください。
☆ 天候悪化時は早い段階で撤収準備を始めてください。
☆ 接岸時、防波堤から船に向けてライトをあてないでください。
☆ 暗くなってからのハナレ水路先・馬の瀬への移動は禁止です。

 

レジャー保険加入のお勧め


渡船の際はレジャー保険へのご加入をお勧めします。携帯から手続き簡単。都度加入できるプランもあります。 ご参考までに以下代表的な3社をご紹介させていただきますので、ご検討ください。
● ドコモワンタイム保険  ● au損保スポーツプラン  ● ソフトバンクかんたん保険

 

 

 

 

 

 


Top